DO55のホームページへようこそ。

DO55は被災後の東北支援を目的として、除染や物産販売会や、植林活動などを行っているボランティアからなる団体です。


みんなで海岸林再生!!
DO55 海岸林再生植樹プロジェクト
メンテナンス フェーズへのお誘い

東日本大震災から早や8年。
震災・津波の衝撃的な印象は次第に薄れて行きつつあります。
しかし、私達今の日本人には将来の日本の為にも、薄れていく記憶を留め、美しい日本の国土を守っていく決意を形として残して行く努力が今こそ求められています。


私達DO55はこうした決意のもと、長期に亘る東北支援プロジェクトとして、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた海岸林の再生に取り組むべく、過去3年に亘り早稲田大学ボランティアセンター様、地元の小・中・高・大学の皆様を始め、多くのボランティアの皆様の 多大なサポートを頂き、関東森林管理局公募の福島県相馬市松川浦海岸防災林再生プロジェクトに参加し、植樹を行なって参りました。


そして、今年度からはいよいよ第2フェーズとして、私達が3年間に植樹した約2400本のクロマツのメンテナンスフェーズに入ることとなりました。
つきましては、思いを同じくされておられる皆様にクロマツの下草刈り等のメンテナンス活動にご参加頂きたく、ご案内申上げます。


日 時 令和元年10月26日(土)12:30~15:00

場 所 福島県相馬市松川浦海岸大洲国有林


1.植栽の概要

松川浦海岸に私共が過去3年間に植樹致しまし3区画のクロマツの下草刈り、不要樹木の除去等のメンテナンスを行ないます。
軍手、器具等は私どもが用意致します。


2.どなたでも参加できます!!

若い人達から体力に自信のないシニアの方までどなたでもご参加大歓迎です。


3.今後もそのクロマツの成長を見守ることが出来ます!!

DO55が植樹した場所として今後も維持されますので、お手入れ頂くクロマツが美しい日本の国土を守る立派な海岸林として育っていく姿をわが子の成長のように見守ることが出来ます。


4.DO55が東京都内から現地まで無料バスを用意!!

7時半に東京駅八重洲南口近くの鍛冶橋バス駐車場から出発を予定しています。 昼食後12時半ぐらいからの作業開始の予定です。 昼食は適宜用意(東京駅、サービスエリア等)して頂き、バスの中でもお取り頂けます。 東京帰着は午後8時頃を予定しております。


5.ご準備頂くもの

参加者にご準備頂くものは、下記の通りです。
・タオル
・長靴
・帽子
・雨具(雨天が予想される場合)
・飲み物

※軍手・器具等は私共の方で用意致します。


6.ご参加申し込みとお問い合わせ

私共DO55のメールアドレスにお名前、ご連絡先明記の上、メールをお送り下さい。

ご参加申込み: do55@do55.sakura.ne.jp

お問い合わせ: tosh0807@rondo.ocn.ne.jp (担当:白倉)


過去の植樹風景



DO55 平成30年度を振り返って

平成30年度(平30.4.1~平31.3.31)は、私共DO55にとって実質第7期目となりました。
平成23年の東日本大震災・津波・原発事故からはや8年の月日が経つ中、DO55の会員も高齢化による体力の衰えが目立ち始めましたが、東北被災地の復興を願いつつ、活動範囲を松川浦海岸防災林植樹育成に絞りながらも、ささやかですが地道な活動を継続して参りました。
以下我々DO55の平成30年度の活動をご報告申し上げます。

Ⅰ.海岸林再生プロジェクト

6月3日(日)に福島県相馬市松川浦で海岸防災林再生に向けた植樹活動を昨年同様に実施致しました。
海岸線に盛土された0.14ヘクタールの区画で、昨年5月に第二回植樹を行なった区画の奥に当たる区画に800本のクロマツを植樹、「DO55の杜Ⅲ」として看板を立てました。

当日はお陰様で絶好の晴天に恵まれ、早稲田大学6名、地元から相馬高校10名、相馬東高校10名、相馬看護専門学校8名、地元の小中学校から12名およびDO55会員12名と一般のご参加の方々を加え約70名のご参加を頂きました。
植樹に当たっては磐城森林管理署の橋爪署長からご挨拶を賜った後、安嶋森林技術指導官様から懇切丁寧なご指導を頂き、全員が力を合わせ、順調に植樹が進み、予定の15時に十分な余裕を持って全工程を終えることが出来ました。
ご参加いただいた皆様、並びに緑の募金事業としてご支援をいただいた国土緑化推進機構様に心よりお礼申し上げます。
過去2回の植樹区画のクロマツも順調に育っており、今回の区画も併せ今後5~10年かけて下刈りの実施等を行いクロマツの生育を見守って行くこととしています。



第3回 松川浦植樹

Ⅱ.事務所の移転

DO55は、平成23年の発足当初から東急不動産株式会社様のご厚意で赤坂見附の東急不動産赤坂ビルに事務所を構え、7年間活動して参りましたが、活動範囲の縮小、経費節減の観点から、平成30年6月の通常総会で赤坂ビル事務所から世田谷区の狛前理事長宅(現狛由美子理事宅)への移転を決議、7月に移転致しました。
長期間に亘る東急不動産株式会社様のご厚意に心から御礼申上げる次第です。

東急不動産赤坂ビル事務所